日本の私鉄〈9〉京阪 (カラーブックス) によって 澤村 達也 完全なブックPDF

日本の私鉄〈9〉京阪 (カラーブックス)


日本の私鉄〈9〉京阪 (カラーブックス) の本の表紙


4 5つ星のうち(1人の読者)

日本の私鉄〈9〉京阪 (カラーブックス) によって 澤村 達也 完全なブックPDF -

日本の私鉄〈9〉京阪 (カラーブックス)の詳細

本のタイトル日本の私鉄〈9〉京阪 (カラーブックス)
作者澤村 達也
ISBN-104586507934
発売日1990/03
カテゴリ
ファイル名日本の私鉄-9-京阪-カラーブックス.pdf
ファイルサイズ26 (現在のサーバー速度は22.06 Mbpsです

以下は、日本の私鉄〈9〉京阪 (カラーブックス)に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
本書は1990年2月発売の第2シリーズ9巻目で、第1シリーズ( 81/08発売)のアップトゥデイト版となります。前年に三条と出町柳を結ぶ鴨東線が開業、同時に新型特急車8000系が颯爽と登場しました。通勤車はインバータ制御時代へ突入、出力 200kwを誇るモーターを備えた7000系が仲間入りしました。7つの章で構成されており、第2章「京阪特急の魅力」は8000系を中心にクローズアップ、車内車外を問わず細部にとことん迫ったカットは目を惹きます。第3章「複々線のスタアたち」は特急車を除いた系列解説で、タイトルと一緒に添えられたピクトグラムは、知識を深める一助となります。また第6章「付録編-洛北へ-…」は、叡山電鉄を採り上げており、前述の鴨東線終点出町柳から更に北へと旅を楽しんでほしいという気概が伝わります。巻末データファイルは大変緻密で申し分ない出来栄えです。本巻は9巻目に相当しますが、7番目の発売でした。以後第2シリーズ残る5点は順番通りの発売とはならず、7巻阪急→12巻西武→11巻南海→10巻東武→8巻営団…と迷走した上、予定外の13巻京王へと展開されました。今こう考えれば「順番を乱した戦犯」ですが、秀逸な内容故に評価は大目に見ます。